コギおメモ

スプラトゥーンに関するブログを中心にもりもりと書きます。

【スプラトゥーン2】L3リールガンについて(Ver.2.2.1現在)

 

 コギおっす!初めまして、コギおと申します!

 僕はスプラトゥーン1の時からリールガンを愛用しており、2では腕前が割れたらS+0になる鬼仕様の時に、L3リールガンで全種カンストを達成しています。

 そんな僕が先日L3リールガン2種でナワバリでのカンストチョーシ99)を達成したので、L3リールガン自体になることを目指す活動の一環として一筆したためようかと思い、筆を取らせていただきました。

 拙い文である上に「めちゃくちゃに長い」ので飛ばし飛ばしででも見ていただけたら幸いです!

フォロワーのリールガンナー達見てるか〜。冷えてるか〜〜www

 

 さて冗談はさておき、

f:id:WelshCogio:20180130103715j:plainf:id:WelshCogio:20180130103738j:plain

金旗になるチョーシ50からは勝って1上がり、負けて3下がる地獄のレース。なぜか味方回線落ちでもチョーシは下がる。(Ver2.2.3現在)


(1)L3リールガンとは

① 特徴

 1トリガー押すごとに3発の弾を放つシューター系の武器。とにかく青くてかっこいい

 独特のリズムで連打しないと最速で連射できないため、ある程度の慣れが必要。 牧場を駆ける馬をイメージして小気味良く撃つといい感じだぞ。

② 基本性能

 1発29ダメージ。1トリガー3発なので基本的に2トリガー6発のうちの4発を当てて116ダメージで倒すことになる。 射程はスシよりも長く、プライムシューターよりも短い。試し撃ちラインでいう2.9本分。

 そもそもトリガーを引かなければならない上に、2トリガー必要かつ単発ダメージが低いため、対面性能は低い

 しかし、メイン効率と塗り性能が高いため、自分の土俵をしっかりと作り、浮いた相手を狩るような中衛的な立ち回りにおいては強さを発揮する。

 ちなみにスプラトゥーン1では1トリガーごとに銃身を戻していたため、居合いの様でかっこよかったのだが、2では銃身を戻さない仕様になってしまったためH3リールガンナー共に不満が3点バーストしている。

* これ以降は便宜上、L3リールガンをL3、L3リールガンDをL3Dと記載させていただきます。

 

(2)L3とL3Dの違い

◯ L3

f:id:WelshCogio:20180130131846j:plain

とにかく青くてかっこいい。背景までとにかく青い。すき。

① 概説

 上述したメインウェポンに加え、サブウェポンカーリングボム、スペシャルウェポンにイカスフィアを持つ。

 通常だと敵を倒すのに2トリガー内4発必要だが、カーリングの接触あるいは爆風ダメージが入っていると、3発で倒すことができる。

 同様に、イカスフィアの接触あるいは爆風ダメージを入れても2発で倒すことが可能。

② 強み

 この武器は特徴的なサブ、スペシャルウェポンによって支えられている。

 というのも「カーリングボム」によって相手を牽制あるいは敵陣への裏抜けができ、「イカスフィア」によって相手の注目を集めるあるいは奇襲することができるのだ。

 2が出た当初はリールガンナー達から「機動力はとにかくある、しかし、それしかない」と揶揄されたものだが(僕もしていたが)、カーリングとスフィアによって機動力を得られたことで、ステージを自在に動き、メインウェポンの非凡な塗りを大いに発揮できることとなった。

③ 弱み

 ただ、それも裏を返せば揶揄を無下にできない点であり、「機動力はあるが、対面性能が著しく低い」という問題がついて回ることになる。 対面性能で見てしまえば、スプラシューターやプライムシューターの方が2段上にいるため、正直に撃ち合ってしまうとかなり分が悪い

④ 立ち回り

 上記の点を踏まえて、L3はどのように立ち回れば強いのか。立ち回りに関しては大きく分けて2つあると思っている。 それぞれに適したギアは(3)で後述。

・維持型

 立ち位置を中衛的な場所に取り、塗り性能を活かして盤面を整える。 加えて、カーリングで敵の牽制を行い、イカスフィアで前に出てきた敵の足を止める戦い方。

・裏抜け型

 カーリングボムとイカスフィアの裏抜け性能を活かし、相手の横から裏から奇襲をし、敵陣を荒らし回る戦い方。

 同じような立ち回りでカーリング持ちのボールド、ローラーとの違いは、塗り性能が高く、イカスフィアもあるため生き残りやすいと言う点。 対面性能はボールド、ローラーに軍配が上がる。

 

◯ L3D

f:id:WelshCogio:20180130131350j:plain

L3D(ドルフィン)のイルカのエンブレムが最高にクールかわいい。すき。

*これ、なんとなくDはドルフィンだと思ってたんですが、絵はどっちかというと「シャチ」ですよね。 そういう気持ちに蓋をしていたんですが、ある人から「D=Decal(シール的なもの)で、それはシャチなのでは」と言われて、武器の亜種の名前のデコとかカスタムを考えるとうわっ確かに…って思いました。 でも単純にチェリーって例もあるからまた何とも言えないですね…笑

① 概説

 上述したメインウェポンに加え、サブウェポンにクイックボム、スペシャルウェポンにジェットパックを持つ。

 クイックボムの近爆風あるいは遠爆風を当てると1トリガー3発で倒すことができる。 直撃を当てれば2発で倒すことが可能。

 ジェットパックはクイックボムを投げて相手の体力を削る、あるいは逃げ場を奪ってから使うと強い。 L3Dのサブスペの組み合わせしかできない芸当である。

② 強み

 対面時にメインしかほぼ頼ることのできなかったL3とはうってかわって攻撃的なサブスペが与えられている。

 メインで倒しきれなかった敵にクイックボムやジェットパックで追撃するもあり、クイックボムで相手の足場を取ってから撃ち合いに行くもあり。 撃ち合いの選択肢が幅広く用意された武器になっている。

 コギおL3Dが実装された時に配信をしていたが、L3のメインからクイボとジェッパが出ることに歓喜して試し打ち場で発狂していた。

③ 弱み

 「撃ち合いの選択肢が幅広く用意されている」と言うと聞こえはいいが、「器用貧乏」のような評価を与えられてしまう恐れのある性能でもある。

 というのも、「メインとクイボの噛み合ったシューターが使いたい!」→スシ無印でいいな。

「ジェッパのある攻撃的なシューターが使いたい!」→スシコラでいいな。

といった、悪魔的な評価がつきまとう武器なのである。 対面性能ってまじ大事卍…

 L3D実装時は「クイボジェッパって、最強じゃねーか!」「環境入りあるか!?」と持て囃されたものだが、今持ってる人は少ない。 1のクイボダイオウの時と全く同じパターンである…

④ 立ち回り

・対面特化型

 前線での立ち回り。 ガンガン前に出てメインとクイボを使って相手を倒していく戦い方。 クイボとジェッパを使えば打開に来た相手を前もって落とすこともできる。

 スシ等の前線シューターとの差別化は、メインの塗り性能を活かして塗り状況を良くすること、その副産物としてのジェッパを回転させること。

カバーリング特化型

 前線よりの中衛的な立ち回り。 爆風が発生し、広範囲にダメージを与えることができるそのサブスペの最も効果的な活かし方は「カバーリング」。

 撃ち合いをしている味方がいたらその敵にクイックボムをとりあえず投げておくだけで、味方の撃ち合いの勝率がグッと上がる。

 同様に、リッターほどの射程を持つジェットパックを使えば、離れた味方のカバーを簡単にすることができる。

 持論ではあるが、クイックボムとジェットパック両方を持つ武器はL3Dだけであり、メインの塗り性能を活かしながら戦う理想像はこの立ち回りではないかと思う。

 

(3)ギア考察

 L3についての一通りの説明が終わったところで、それぞれの立ち回りに実用的なギアを紹介して行こうと思う。優先順位の高いと思うものから上に記載。

 もちろん十人十色ギア構成はあるので、参考程度に見ていただけると幸いコギお

◯ L3

① 維持型

・人速度(1.3から引き撃ち、追い撃ちの距離管理のしやすさが違う)

・相手インク影響軽減(1.3から前作の安全シューズと同じ様な使用感みたい)

・イカ速度(人速度と合わせて距離管理に使う)

・インク回復(カーリング多投、塗り性能アップのため)

スペシャル増加(塗り性能を活かし、スペシャルを多く使う)

・対物攻撃力アップ(アーマー持ち武器との対面の保険)

 

② 裏抜け型

・イカニンジャ(カーリングとメインの塗り性能との相性が抜群)

・イカ速度(イカニンジャでのイカ速度減衰を補填)

スペシャル強化(イカスフィアの耐久アップ、爆風範囲増大によるキル性能補填)

・インク系(カーリング多投、塗り性能アップのため)

・対物攻撃力アップ(アーマー持ち武器との対面の保険)

スペ強化、インク回復、対物攻撃力アップに関しては個人の好きで強いと思うギアを積めばいいと思う。 もちろんインク回復に関しては効率系でも可。

 ちなみにコギお使用ギアは(イカニンジャ、イカ速度1.3、スペ強化1.3、インク回復0.3)です。場合によって対物も積む。

f:id:WelshCogio:20180130140541j:plain

 

◯ L3D

① 対面特化型

・人速度

・イカ速度

スペシャル強化(ジェッパの塗り、ダメージの範囲が広がる)

・インク系(クイボを交えると思ったよりインクが枯渇する)

・サブ性能(射程負けしてる相手にも牽制できる)

・相手インク影響軽減

・対物攻撃力アップ(メインとクイボでアーマーを剥がしやすくなる)

基本的にL3の維持型と同じ様なギア構成になるが、立ち回りの積極性が違う。 最前線を背負いながらも、速度系のギアで有利な対面状況を作ることが大切。 

 

カバーリング特化型

スペシャル強化

・インク回復 or サブインク効率

・イカ速度

・サブ性能 

・対物攻撃力アップ

味方のカバーに入ることを念頭に置いたギア構成。 ジェッパの50ダメージと塗り範囲拡大のためのスペシャル強化、クイボを活かすためのインク回復、サブ性能が要。

 ちなみにコギお使用ギアは(スペシャル強化1.3、インク回復1.3、イカ速度1、サブ性能0.2、爆風軽減0.1)です。場合によって対物も積む。

 最近はもうめちゃくちゃなギアにしており、(スペ強1.3、スペ増1.3、スペ減1.3)とかで使うことも結構あります。 塗り塗りジェッパマシーン。

f:id:WelshCogio:20180130140458j:plain

 

(4)ルールごとの使い分け(ざっくり)

ナワバリバトル

基本的にL3カーリングとスフィアを使った裏抜けが凄まじく強い。

裏抜け、敵陣抜けが弱い、カバーリングがしやすいステージはL3D

ガチエリア

カーリング、スフィアが強いステージはL3(ホッケタチウオモズクなど)。

クイボとジェッパで相手の打開を前で落とせるL3Dが基本的に強い。

ガチヤグラ 

基本的にL3D

ヤグラは基本的に関門で防衛地点があるため、防衛に待ち構える敵をジェッパで落としにいけるのが強い。

L3カーリングとイカスフィアはヤグラに関与しにくく、使いにくい。

しかし、そもそもL3のメインがヤグラで使いにくいし弱い。

ガチホコ

ステージによる。

L3カーリングの牽制と道作り、スフィアでのヘイト取りは攻撃、防衛どちらも強い。

ホコを進める上で前もって制圧しなければならないポイントがある場合、ジェッパを持つL3Dの方が使いやすい。

⑤ ガチアサリ

基本的にL3の方が使いやすい。

カーリングでアサリが集めやすく、イカスフィアで強引にガチアサリを運ぶことができる上にかわいい。 ただ、防衛においては苦労しやすい。

 

(5)L3リールガンナーの先駆者

 ここまで、L3リールガンについて説明してきましたが、L3を使う上で参考になる様な大会上位に食い込んでいるかつ放送環境を持っているトッププレイヤーを5名紹介しようと思います。勝手に。怒んないで下さい。

・かんがえるゲソさん

 1の時からL3リールガン1本で生計を立てており、極めてL3リールガンに近い方。 最近はL3リールガンの性能を嘆き52デコやZAPを持つ姿が確認されている。

 

・よわはださん

 言わずと知れたプロチームのマルチシューターの方。 フェスなどナワバリの時によくL3リールガンを使用しており、エイムの安定感、立ち回りの良さが抜群。

 

・あとばるさん

 同様にプロチームのマルチシューターの方。 H3のイメージが強いが、L3も一級品。 強気な立ち回りが多い印象があるが、むちゃくちゃなエイムでむちゃくちゃに通してしまう。 プロになり立ち回りも相当詰めている印象があるので隙がないプレイヤー。

 

・7ちゃんさん

 Nforce」というスプラトゥーン2での有名な固定チームのマルチシューターの方。 シューター以外もマルチに使いこなすが、L3の理解度が非常に高い印象。 第3回スプラトゥーン甲子園では準優勝しており、実力も折り紙つき。

 

コギおさん

 1の時にあまりにリールガンが好きだったお陰でH3含めリールガン全種塗りカンストを達成し、悲願のリールガンとなった男。 身長187cm、体重74kg。

 名誉のために補足すると先日の「スプラチャンピオンシップ2018Winter」では所属するEMPというチームで出場し、207チーム中9位タイの好成績を残した。 1年のうち300食はレトルトカレーを食べる

f:id:WelshCogio:20180130145921j:plain

指摘してもらって気づいたが、コギおの股間がL3になっている。コギお自身がL3になった瞬間である。

 

 この方々以外にもリールガンナーで上手い方は知ってるだけでもたくさんいるのですが、大会成績という点を今回は重視させていただきました。よしなに。

 

(6)アップデートでの展望(希望)

f:id:WelshCogio:20180319075018j:plain

 〜L3リールガンが日の目を浴びる時を夢見て〜

 現時点(Ver2.2.1)でのL3リールガンの評価は「かなり厳しい」。

アプデを重ねる度に、天敵であるマニューバやスピナー、スロッシャーの強化が入っているからである。 反面カーリングスフィア、クイボジェッパは弱体化…

 その煽りを大いに受け、大会上位でL3をメインで持つプレイヤーを見かけることはほとんどないと言ってもいい。 まあ前からそうなんだけどね。

 かく言う僕もガチルールではプライムシューターコラボに魂を売っており、L3がどのように強化されれば日の目を浴びるのかトリガーを引くデメリットだけが残っている現状を脱却できるのか、数点挙げてみようと思う。 文句多いけど許してクレメンス。

 

・単発ダメージ強化

 現状の単発ダメージは29。 何が最大の問題かと言うと「アーマーを剥ぐのに必要なダメージが30」という事。 アーマー対面になると本当に圧倒的に不利になってしまい、それを防止するために対物攻撃力アップをわざわざ積む必要がある。

 単発ダメージが30以上、めっちゃ欲を言えば32ダメージになることで、攻撃力アップのギアがなくなった今作においてもクイックボムからのメインのダメージが噛み合うようになるであろう。

・足元塗り強化

 現状、L3の足元塗りは3トリガー引かないと発生しない。 前線を担うシューターとしては致命的な足元塗り性能である。 せめて2トリガー引いたところで足元塗りが発生して欲しいです! なんでこの強化こないんだろう…?

・弾速アップ(Ver2.2.3にて25%強化)

 L3リールガンナーの朝は早い。 しかし、イカ移動をする敵に対して偏差撃ち(予測撃ち)をしようとしても、弾速が遅く当たりにくい。  パブロにスイスイ移動された日にはトリガーを引くことも含めるとまじで当たらない。まじでだ。そして近づいて小突かれる。なんて日だ!

 (Ver2.2.3)で強化が入り、25%弾速が速くなった。 今までかなり予想しないといけなかった偏差撃ちがかなり当てやすくなっており、チャクチも狩りやすい。 ただ、まだ強化枠足りなくない!?

・人速度アップ

 1の時はもうちょっと人速が乗る武器だったんですよね。 トリガーを引く苦労も乗り越えられるような爽快感というものがあった。 今はどうだ? ZAPに置いてかれてる

・ジャンプ撃ちのブレ軽減

 H3はこの修正来たんですよね。 な〜〜〜〜〜〜〜んでL3は来ないんだ!? トリガーをジャンプしながら必死に引いてるんだからせめてブレずに飛んで欲しいな〜〜〜〜〜???

・銃身をトリガーごとに戻す

 正直リールガンナー達はこのアプデが来ただけで満足するんじゃないかと思うような人達の集まりです(語弊あり)。 だって1トリガーごとに銃身戻すのめっちゃかっこいいんだぞ!? 1のジャンプ撃ちの格好良さは最高だった。

 

 多少熱くなってしまいましたが、最低上から2つの強化が来れば希望を持てるレベルにはなると思っています。 まあ何はともあれ今後のアプデに期待するしかない。

 

(7)まとめ

 ここまで読んでくれた人はいるのかなあ。

つらつらと駄文を重ねて読みにくかったと思いますが、読んでいただけていたら本当に嬉しいです!

 最後にまとめです。 大会上位を狙うことを考えると(6)みたいに性能に文句言っちゃうけど、L3リールガン楽しいよ! 好きな武器を使って上を目指せる事が一番良いね。

 メイン武器が決まってない人は「これだ!」って武器を見つけられたらスプラトゥーン2をより一層楽しめると思います。 それがもしL3リールガンだったらコギおに何でも聞いてください。

 

 最後にここぞとばかりに宣伝してしまうんだけど、OPENRECでよく配信(https://www.openrec.tv/user/TakumiTakuro)しているので、フォローしていただいたり見ていただけたらとっても嬉しいです。

 

 それでは!読んでいただき大変ありがとうございました!コギお(@WelshCogio)でした!